MENU

history

 '10 〜'19

 '00 〜'09

 '90〜'99

 '80〜'89

 '69〜'79

Top



◎○第21回(1990)〜第30回(1999)○◎


※部長挨拶やチラシ・チケット画像の転載はご遠慮ください。

1990 Joint Concert 心に屋根がなかった・・・あの瞬間(とき)を探したい

1990/06/21(Thu) 於:国際交流センター大ホール

チケット チラシ
  1. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「心の四季」(指揮:佐藤知 伴奏:森口恵)
  2. 大阪外国語大学グリークラブ
      「Sea Chanty」(指揮:下社学)
  3. 奈良女子大学音楽部
      女声合唱曲「抒情小曲集」より(指揮:増田美奈 伴奏:木下郎子)
  4. 合同演奏
      混声合唱組曲「幼年連祷」(客演指揮:日下部吉彦 伴奏:石塚富美)
第21回定期演奏会

1990/12/14(Fri) 於:森之宮ピロティホール

チラシ
  1. 混声合唱「夢見る人」フォスター名曲集より(指揮:霍池久仁子)
  2. 混声合唱組曲「心の四季」(指揮:佐藤知 伴奏:森口恵)
  3. 「Cher ami!」
  4. 混声合唱組曲「まぼろしの薔薇」(指揮:山和之 伴奏:大室圭子)

部長挨拶(パンフより)

7月に、初めて天神祭の船渡御に行きました。 大阪で生まれ育っていながら、ほとんど興味がなかったのですが、 実際に川岸に立ち祭の雰囲気を目の前にすると、妙ににはしゃいだ気持ちになりました。 船の上で風情に酔う人達。屋台で威勢良く客を呼び込む声。 祭見物などをする人間が、大阪のどこにこんなにいたのかと思わせるほどの人波。 たかが舟遊びにすぎない、そんなものを楽しみにし、集い、意気高揚する。 日常と比べると、違和感のあることでした。 だが、理性とは関係なく、心は率直に、見知らぬ人達の高揚に共鳴したのです。 やがて長かった陽も暮れ、闇の中に、花火と船と水面が美しく輝き出すと、 ますます現実離れした気分になっていきます。 雲のかかった空と、ゆらめく川面の、光の届いていない所に、祭を楽しみ、 ほほえんでいるまなざしを思い浮かべました。 まなざしの主にとっては、船に乗っている人も、見に来ている私達も皆主役なのでしょう。 人間は、そこで何を演じ、何を欲したのでしょう。

それらは、実は、私達の心がいつも求めているものなのではないでしょうか----。

本日は、私共大阪市立大学合唱団フリーデ第21回定期演奏会におこし頂きまして、誠にありがとうございます。 また、この日を迎えるにあたり、様々な形で御指導、御助力いただきました、諸先生方、 OBを初め関係者の方々に対しまして厚く御礼申し上げます。

年間のひとまずのゴールといえるこの定期演奏会をむかえ、団員一人一人の心もさわぎはじめています。 各々が、いろいろな思いで過ごした一年。 積み重ねられた日常が、一瞬の非日常を創り出し、自らの胸を熱くさせる。 それを目の前にして、皆様一人一人の心が共鳴し、私共と互いに高めあいながら、 心が求めているものを見つけられればと願っています。 ”ときめきを体験できることのすばらしさ”、あの祭での感情は、 一つの感慨となって、今宵私達に問いかけます。

1990年11月28日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 小林 隆一

1991 Joint Concert "Soul of Songs"

1991/06/28(Fri) 於:尼崎市総合文化センターアルカイックホール

  1. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「青春のネガティブ」(指揮:?池久仁子 伴奏:石毛明生)
  2. 神戸大学混声合唱団エルデ
      「混声合唱のための〔うた〕」より(指揮:新村晃司)
  3. 大阪府立大学・大阪女子大学合同混声合唱団エヴァ・コール
      混声合唱組曲「ティオの夜の旅」(指揮:阿部剛 伴奏:藤井智文)
  4. 合同演奏「カルミナ・ブラーナ」
      (客演指揮:当間修一 管弦楽:大阪シンフォニカー)
第22回定期演奏会

1991/11/28(Thu)

  1. 混声合唱組曲「潮風のうた」(指揮:小西孝昌)
  2. 混声合唱組曲「青春のネガティブ」(指揮:霍池久仁子 伴奏:石毛明生)
  3. 言えずの I Love You
  4. 混声合唱組曲「川よ とわに美しく Part 2」(指揮:佐藤知 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

大きな空から小さな雨粒が木々へ花へそして大地へと静かに、時に劇(はげ)しく舞い降りてきます。 彼らは音もなく深く染み込み、小さな流れをつくります。 しかし彼らは一体何をすればよいのかわかりません。 すると、どこからか声が聞こえてきました。 「海へ向かって進みなさい」その声は言います。 彼らは抗うこともなくその声の許に集まり、集まり、集まって川になりました。 そして海に向かって流れます。 その間、彼らは水面に映る様々なものを見つめてきます。 無邪気に遊びまわる幼児。幸せそうな若者達。かと思えば涙を落とす姿もあります。 そして言葉もなく静かに佇む年老いた人。 それらを見つめながら彼らは何を思うのでしょうか。 川は流れます。すると岐(わか)れ道にやってきました。銘々がおもう道をゆきます。 その時彼らは何を考えるのでしょうか。立ち止まりたい時もあったでしょう。 引き返したい時もきっとあったはずです。しかし、立ち止まることも、引き返すこともできないのです。 後から、後から、次々と流れてくる者達に押されて、進むことを余儀なくされるのです。 そしてあとからやってくるものたちに、自分のかわりに見守ってあげて欲しいと願い、 想いを託し、先へ、先へと流れてゆくのです。 そうした様々な想いをのせて海へ注ぎこまれた小さな雨粒は、海と一つとなり、そこで、 初めに聞いた声、つまり大きな意志に気がつくのです。 そして、その大きな意志と共に、大きな心で、みんなを見守ってゆくのです。 ………………ふと我に返ると、遊びに来ていた丹後半島の、強風波浪注意報の発せられた海を見つめ、 ボーッと砂浜に立っている自分に気が付きました。 冷たい風に吹かれて、振り返ると一緒に来ていた団員達が、楽しそうにはしゃいでいました。 私もその中へ駆けていき、皆とはしゃぎ、さわぎ、楽しみます。

今宵、皆様に見守られながら私共大阪市立大学合唱団フリーデは、 第22回定期演奏会におきまして、今まで様々な形で、御指導、御助力くださいました諸先生方、 OBをはじめ関係者の方々に厚く感謝の意を表しつつ、一所懸命はしゃぎます。

1991年11月29日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 大谷 秀樹

1992 Joint Concert 大輪

1992/07/09(Thu) 於:ザ・シンフォニーホール

チケット チラシ
  1. 大阪市立大学混声合唱団
      混声合唱組曲「ひとつの朝」(指揮:平本順一 伴奏:山岸陽子)
  2. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「旅の途の風に」(指揮:小西孝昌 伴奏:石毛明生)
  3. 神戸大学混声合唱団エルデ
      川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」(指揮:久保弘 伴奏:玉井麻子)
  4. 合同演奏
      「TE DEUM」(客演指揮:清原浩斗 伴奏:池田祐子、榎田由美子、ブルックナーアンサンブル)
第23回定期演奏会

1992/12/01(Tue) 於:森之宮ピロティホール

チケット チラシ
  1. 混声合唱組曲「季節のたより」より(指揮:西田佳代)
  2. 混声合唱組曲「旅の途の風に」(指揮:小西孝昌 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ「Dear My Friends」
  4. 混声合唱のための組曲「復活」(指揮:霍池久仁子 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

今宵は私達の演奏会へようこそ。今年もまた、新たな感動と成長を与えてくれる この日を迎えることができるのは、私達にとって大きな喜びです。

ところで、”時”とは流れるものでしょうか、それとも積み重なるものでしょうか。 私達がなにもしない、あるいは、ただ漠然と日常の日々を過ごすならば、時は流れて行きます。 しかし、一瞬一瞬を一生懸命に過ごすなら、 時は積み重なって行き、人にとって大きな宝物となるのではないかと思います。 私達のような合唱団において、”歌う”という唯一の共通の目的しか持たない団員が、 合唱をも含めた様々な活動を行うのは容易なことではありません。 この一年間、私達はたくさんのつまずきや意見の対立などにぶつかり、 その度に話し合い、励ましあって不安ながらも前進してきました。 このような仲でこそ、一人一人が思い考えたことや経験したことが、時と共に積み重なって行くのだと思います。 また、それらを糧とすることによって、私達は新たな一歩を歩んで行くことができるのでしょう。

今年は、例年になく多くの新入生が加わり、フリーデはますますにぎやかになりました。 今宵、この第23回定期演奏会のステージを通して、私達の思いや積み重ねてきたものが、 少しでも皆様に伝わることができたら幸いです。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、お世話になりました諸先生方、 OBをはじめ関係者の方々、そして、本日御来場頂きました皆様方に厚く御礼申し上げると共に、 今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようお願い申し上げます。

1992年12月1日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 土井 研児

1993 Joint Concert はじけ

1993/06/25(Fri) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チラシ
  1. 大阪府立大学・大阪女子大学合同混声合唱団エヴァ・コール
      混声合唱曲集「落葉松」(指揮:山中一豊 伴奏:藤井智文)
  2. 関西大学混声合唱団 葦
      混声合唱曲「In Terra Pax −地に平和を−」(指揮:可児良樹 伴奏:香戸直子)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      「フォーレ合唱曲集」より(指揮:西田佳代 伴奏:石毛明生)
  4. 合同演奏
      混声合唱曲「季節へのまなざし」(客演指揮:矢田正一 客演伴奏:伊吹元子)
第24回定期演奏会

1993/12/07(Tue) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. 民謡「世界の国からこんにちは」(指揮:田中康弘)
  2. 「フォーレ合唱曲集」より(指揮:西田佳代 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ「フリーデのツボ」
  4. 混声合唱組曲「風のうた」(指揮:小西孝昌 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第24回定期演奏会に お越し下さいまして誠にありがとうございます。 団員一同、この日を皆様と共に迎えられましたことを心からうれしく思っております。

我が団は言うまでもなく大学における課外活動としての合唱団であり、 4年間という時間的な宿命を余儀なくされることから、 団員の合唱そして"歌う"ということに対する思いも様々であります。 そのようなことからこの1年間、練習やその他の活動の中で、 意見の対立や障害にぶつかることも数多くありました。 又、団員の価値観の違いに悩む時もありました。 しかしそのつまづきに出会う度に我々は話し合ったり共に悩み考え合うことによって 友情を深め合唱を通じて仲間たちと一緒に歌い、 感動を分かち合う素晴らしさを手に入れることが出来たように思います。 我々団員それぞれがフリーデにいること、そしてフリーデを愛することに 関しては誰にも負けないことを誇りに思っていると信じています。 このことはややもすれば我々の自己満足に終わってしまいがちになるかもしれませんが、 そうではなく団員一同の気持ちが一つになり、 フリーデの1年?屬粒萋阿僚限臉?任△襪海留藾娉饒澗里鯆未靴董? 団員みんなの情熱、そしてフリーデというものを皆様に 少しでもお伝えすることが出来れば幸いに思っております。

最後になりましたが、この日を迎えるにあたり、 様々な形で御指導、御助力下さいました諸先生方、 OBをはじめ関係者の方々に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、 今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようお願い申し上げます。

1993年12月7日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 小川 良太

1994 Joint Concert Summer ええじゃないか

1994/07/02(Sat) 於:尼崎市総合文化センターアルカイックホール

チケット チラシ
  1. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱のための組曲「旅」(指揮:田中康弘 伴奏:石毛明生)
  2. 神戸大学混声合唱団エルデ
      「Weltliche Gesaenge」(指揮:小林篤史)
  3. 大阪府立大学・大阪女子大学合同混声合唱団エヴァ・コール
      混声合唱組曲「夕の虹」(指揮:坪井和也 伴奏:藤井智文)
  4. 合同演奏
      混声合唱曲「伊勢志摩」(客演指揮:高嶋昌二 客演伴奏:加藤崇子)
第25回記念定期演奏会

1994/12/04(Sun) 於:郵便貯金会館メルパルクホール

チケット チラシ
  1. 企画ステージ「夢三章」(指揮:川村久美子)
  2. OB・OG合同演奏 混成合唱のための組曲「旅」(指揮:田中康弘 伴奏:石毛明生)
  3. 混声合唱組曲「永訣の朝」(指揮:西田佳代 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

昨年の演奏会を終えてフリーデが新体制となった時、活動できる団員数は近年最低のレベルでした。 どうなるかと思いましたが、過去最多の新入生が入部し、現在団員数は近年最高のレベルです。

書けば簡単なようですが、毎年4回生が卒団し、1回生が入団してくると言う宿命がある大学の合唱団にとって、 一定の人数を確保していくことは難しいことです。 大学では他クラブとの勧誘合戦に勝たなければ人数が増えることはないわけですから。 そして、この一連の勧誘活動は団員にとって、時間をはじめとするその他様々な面での負担となっているはずです。 しかし、団員はそれを行うことを喜んでいます。 なぜ苦しい勧誘活動を喜んで行うのでしょう。 それはひとえに仲間を得るためといえます。 自分が味わっている感動、その他様々な感情をわかちあえる仲間が欲しい。 共に歌い、笑い、時に悩み、考えることができる仲間が欲しい。 この気持ちに尽きます。 実際この気持ちに同調し、クラブ4年間で共に活動した先輩、同輩、後輩は 各個人にとって貴重な財産であると思います。

本日はお忙しい仲、私共大阪市立大学合唱団フリーデ第25回記念定期演奏会に お越し下さいまして誠にありがとうございます。 私共の演奏会が25回という歴史を刻むことができましたのも、様々な形で御助力頂きました諸先生方、 並びに本日お越し下さいました皆様のおかげです。 今回の演奏会は今までのフリーデを作りあげてきた仲間と共に行う演奏会です。 過ごした時は違っても過ごしてきた所は今と同じフリーデ。 味わった感動は今も昔も変わらないと思います。 今宵はそんなフリーデの愉快な仲間達が過去に積み重ねてきたものを、 そして、今年一年で積みあげたものを皆様に少しでも感じとって頂けたらと思います。

1994年12月4日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 飯田 将生

さまあ こんさあと 〜あなたはだんだん聞きたくなーる〜

1995/07/08(Sat) 於:学内 田中記念館  

チケット チラシ
  1. 「歌のるつぼ」(指揮:藤井淳、川村久美子 伴奏:竹田景子)
  2. 大阪市立大学邦楽くらぶ
  3. John Rutter 聖歌曲集より(指揮:川村久美子 伴奏:石毛明生)
第26回定期演奏会

1995/12/06(Wed) 於:森之宮ピロティホール

チケット チラシ
  1. 混声合唱曲集「鳥の歌」より(指揮:藤井淳 伴奏:安川晴子)
  2. 「John Rutter 聖歌曲集」(指揮:川村久美子 伴奏:石毛明生)
      バリトンソロ:中村 昌治
      ソプラノソロ:河野 ゆう
  3. 企画ステージ「あゝ友情」
  4. 混声合唱組曲「まぼろしの薔薇」(指揮:田中康弘 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

本日はお忙しい中、私共大阪市立大学合唱団フリーデ第26回定期演奏会に お越し下さいまして誠にありがとうございます。

今年度のフリーデを振り返ってみると、運営回生がたったの6人という体制に始まり、 多くの1回生を獲得することのできた新入生勧誘活動、 ジョイントコンサートにかわって行いましたサマーコンサート、 そして今宵の定期演奏会、と年2回の演奏会を中心に活動して参りました。 これらの演奏会を充実したものにするため日々練習を重ねて参りましたが、 時には練習が思うように進まなかったり、個人個人のフリーデに対する 価値観の違いから起こるすれ違いもありました。 しかし、演奏会を成功させようとする意志・練習やその他の活動を通して友情を深め、 感動を共にすることができたように思います。

現在62人いる団員にとっては、勉学との両立を前提にして多くの時間とお金を使う活動を 続けていくことは非常に大変なことですが、それに見合うだけの”何か”を見出しているのです。 それは音楽の楽しさを得ること、クラブを運営していく責任感、 そしてなによりも共に悩み、共に笑い、共に感動することの出来る仲間だと思います この仲間たちは何にも替えがたい人生の財産になるはずです。 毎年入れ替わっていく団員ですが、”フリーデ”は常に考えられ、問い直され、そして受け継がれていきます。 その過程を大切にして常に精進していこうと思います。

最後となりましたが、この演奏会を迎えるにあたり、私達を支え、御指導下さいました諸先生方、 暖かく見守って下さるOB・OGの方々、そして今宵この会場にお越し下さった皆様方に厚く御礼申し上げます。

1995年12月6日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 中村 昌治

1996 Joint Concert DNA 〜Dramatic Night Attraction〜

1996/06/28(Fri) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. 大阪教育大学混声合唱団
      混声合唱曲集「うたよ!」(指揮:渡辺治 伴奏:沼田薫)
  2. 大阪府立大学・大阪女子大学合同混声合唱団エヴァ・コール
      混声合唱組曲「星の仔馬」(指揮:竹家千穂 伴奏:藤井智文)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「心の四季」(指揮:藤井淳 伴奏:石毛明生)
  4. 合同演奏
      混声合唱曲「祈祷天頌」(客演指揮:本山秀毅 客演伴奏:長田育忠)
第27回定期演奏会

1996/12/09(Mon) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. フォスター曲集(指揮:鍋島明彦 伴奏:古賀雄高)
  2. 混声合唱組曲「心の四季」(指揮:藤井淳 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ「桜花爛漫恋朧」
  4. 混声合唱組曲「筑後川」(指揮:川村久美子 伴奏:石毛明生)
      テナーソロ:次廣 知之
      ソプラノソロ:前岡 智子

部長挨拶(パンフより)

私たちは、本日演奏会を行うことができるという喜びの気持ちでいっぱいです。 練習の成果を発揮できると言う理由からだけではありません。 歌が好きだから…もちろんそうですが、それだけでもありません。 私たちにはかけがえのない仲間がいるからです。 私たちはみな、フリーデのことが好きです。 そして何よりも、このフリーデを構成する仲間のことが大好きなのです。 これは上辺だけで言っているのではありません。 共に歌ったり、笑ったり、時には泣いたり…。 そして何よりも演奏会で一緒に感動できる仲間です。 私たちの心は、互いに太い絆で結ばれているのです。 きっと、多くの先輩方も同じような気持ちで演奏会を迎えられたことでしょう。 毎年メンバーは入れ替わっても、団員がこのような気持ちを 持ち続けていくことができるということは、とても素晴らしいことだと思います。 私たちのパワーの源は、きっとここにあるのだと思います。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第27回定期演奏会にお越し下さいまして誠にありがとうございます。 今回の演奏会を迎えることができましたのも、様々な形で御指導、御助力いただきました諸先生方、 OB・OGの皆様方、そして本日お越し下さいました皆様方のおかげです。 団員それぞれが、いろいろな思いで過ごしてきたこの一年間。 しかし、本日の演奏会でお伝えしたい皆の思いは一つです。 この素晴らしい仲間と共に今まで積み重ねてきたものを皆様に感じ取っていただきたいということ。 そして、他の誰よりも私たち自身が、最も本日の演奏会を楽しんでいるということです。

1996年12月9日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 浅田 崇之

1997 Joint Concert 源 〜われらみなまたに想う〜

1997/07/05(Sat) 於:八尾市文化会館プリズムホール

チラシ
  1. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「白き花鳥図」より(指揮:鍋島明彦)
  2. 大阪大学混声合唱団
      林光編曲による 日本のうた(指揮:山本尚義 伴奏:堀早苗)
  3. 合同演奏
      合唱曲「みなまた」(客演指揮:西岡茂樹)
第28回定期演奏会

1997/12/19(Fri) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. ディズニーメドレー(指揮:藤井一幸 伴奏:平岡典子)
      ソリ:岡川 祐子、川上 裕子、古家 友恵
  2. 混声合唱組曲「白き花鳥図」より(指揮:鍋島明彦)
      ソプラノソロ:河野 ゆう
  3. 企画ステージ「ホウプ村におくりもの」
  4. 混声合唱曲「地蔵礼讃」(指揮:藤井淳 伴奏:石毛明生)
      ベースソロ:水谷 正光
      ソプラノソロ:河野 ゆう

部長挨拶(パンフより)

人は様々な「道」を辿ってきてはいないでしょうか。自分自身を形づくるため、 何かの夢を成し遂げるため、いろんな人に出会うため、と思い思いの道を作り出しているでしょう。 もちろんそれらの成功を得るために自らの努力を惜しまず、苦労して素晴らしい道を歩んでいきます。 その様々な道が出会う場所が私達にとってフリーデでした。 皆と共に「歌う」と言う目標を持っていく道は必ずしもまっすぐ進むだけでなく、 時には交錯したり、また長く曲がりくねった道となることもあります。 しかしそこで共に悩み、考え、励まし合い、そして歌うことで皆が何か大事なものを見つけ、 一緒にやっていこうと一つの道が二つに、そして三つ四つと寄り添いながら 大きな一つの道となって私達は目標に向かって一生懸命歩き、成長していこうとしています。

本日はお忙しい中、フリーデ第28回定期演奏会にお越し下さいまして誠にありがとうございます。 今宵団員一人一人が歩み続けた「道」が大勢の仲間達と作り上げた大いなる「道」となり、 そこで私達は何事にも変えられない感動を得て、それを皆様と分かち合えるのを楽しみにしています。 どうぞあなたの歩いている道を少し立ち止まってご観賞して下さい。 私達が成長して積み重ねてきたものや思いを少しでも感じとって頂けるよう頑張ります。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導、御助力頂きました 諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々に対しまして厚く御礼申し上げますとと共に、 今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し揚げます。

1997年12月19日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 吉川 憲一

1998 Joint Concert Peace'98 〜遥カ彼方ヲ見渡セバ〜

1998/06/26(Fri) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チラシ
  1. 四天王寺国際仏教大学 Cantiamo
      混声合唱組曲「時は流れても」(指揮:西野和秀 伴奏:奥千恵子)
  2. 神戸大学混声合唱団エルデ
      「Quatre motets pour le temps de noel」(指揮:末松壮一)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      五つの混声合唱曲「飛行機よ」(指揮:藤井一幸 伴奏:石毛明生)
  4. 合同演奏
      混声合唱組曲「In Terra Pax 地に平和を」(客演指揮:高嶋昌二 伴奏:加藤崇子)
第29回定期演奏会

1998/12/08(Tue) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. イギリス民謡(指揮:北田健)
  2. 五つの混声合唱曲「飛行機よ」(指揮:藤井一幸 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇 「夢のおはなし」
  4. 混声合唱曲「季節へのまなざし」(指揮:鍋島明彦 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

今宵の演奏会を迎えることができて、私たち団員はとても幸せです。それはただ練習の成果を発揮できるから…というだけではありません。演奏会という場が、団員ひとりひとりの思いをぶつけられる場だと思うからです。1回生は1年間、2回生は2年間、3回生は3年間、そして4回生は大学生活のすべてをフリーデで過ごし、そこでいろいろな思い出を作ったと思います。共に笑い楽しんだ想い出、また悩み苦しみそして時には互いに衝突しあった想い出などもありました。団員の持つ様々な思いがフリーデに集まってきて、やがて1つの巨大なパワーを生み、それがいつまでも変わらないフリーデの基盤になっているのだと思います。先輩方も感じとってきたこのパワーはこれからもフリーデの支えとなってあり続けることでしょう。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第29回定期演奏会にお越し下さいまして誠にありがとうございます。今宵このパワーが、私たちの歌声に変わり、皆様にもお伝えできると思います。皆様にこのパワーを少しでも感じとってもらえると私たち団員は嬉しい限りです。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導、御助力頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々に対しまして厚く御礼申し上げますとおもに、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

1998年12月8日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 大久保 隆行

1999 Joint Concert 北極星の子守歌

1999/06/26(Sat) 於:大阪厚生年金会館大ホール

チケット チラシ
  1. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱曲集「空に、樹に・・・」(指揮:北田健 伴奏:石毛明生)
  2. 神戸大学混声合唱団アポロン
      「Stabat Mater」より (指揮:出野純一 伴奏:中村文美)
  3. 京都大学音楽研究会ハイマート合唱団
      混声合唱組曲「方舟」(指揮:横山智昭 伴奏:山本晶)
  4. 合同演奏
      混声合唱曲集「北極星の子守歌」(客演指揮:雨森文也)
第30回記念定期演奏会

1999/12/11(Sat) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. 「ジブリがくれた宝物」(指揮:木村幸平 伴奏:平岡典子)
  2. 混声合唱曲集「空に、樹に・・・」(指揮:北田健 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇 「一番身近な平和の話」
  4. 混声合唱組曲「幼年連祷」(指揮:藤井一幸 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

今、地球上には60億人以上の人間が住んでいます、当然ながらそのなかには同じ人はひとりもいません。人種、国籍、性、生活様式、価値観、性格、好み、ものの考え方などですべてが共通する人は誰一人としていないのです。人には「違い」というものがあるのです。

私たちフリーデの団員同士にも「違い」があります。私たちはこの「違い」のためにお互い悩んだり、行き違ってしまったり、ぶつかり合ったりしました。しかし、私たちはその「違い」を乗り越えるためのなにかを持っていました。それが本日の定期演奏会です。この共通の目標のおかげで私たちはお互いの「違い」を認め合いながらここまで来られたのだと思います。また、練習や合宿、行事や遊びなどをみんなですることによって私たちは共に歌い、遊び、苦労したかけがえのない仲間としての絆が出来ました。喜びや楽しみを分かち合い、苦しみを共有してきた仲間と一緒に本日の演奏会をつくりあげることが私たちにとって最高の幸せなのです。本日、皆様が「今日はフリーデの演奏会に来て良かった」と思ってくださり、私たちが「今日、この仲間たちで本当に最高のステージだった」と全員で感動できるようなすばらしい演奏会をするように頑張ります。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第三十回記念定期演奏会にお越しくださいまして誠にありがとうございます。本日の演奏会を開催するにあたり、さまざまな形で御指導、御助力頂きました諸先生方、OB、OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越しくださいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

1999年12月11日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 薗 靖人

inserted by FC2 system