MENU

history

 '10 〜'19

 '00〜'09

 '90〜'99

 '80〜'89

 '69〜'79

Top



◎○第31回(2000)〜第40回(2009)○◎


※部長挨拶やチラシ・チケット・パンフ画像の転載はご遠慮ください。

2000 Joint Concert   "Requiem for 20th Century"

2000/07/07(Fri) 於:尼崎総合文化センターアルカイックホール

チケット チラシ
  1. 梅花女子大学合唱団
      女声合唱組曲「月の角笛」(指揮:西口明美)
  2. 甲南大学文化会グリークラブ
      「イギリス民謡」(指揮:久保拓也)
  3. 神戸女子大学コーラス部
      女声合唱曲集「地平線のかなたへ」より
      女声合唱組曲「絵の中の季節」(指揮:竹中千恵)
  4. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」(指揮:木村幸平 伴奏:石毛明生)
  5. 合同演奏
      W.A.Morzert作曲「Requiem kv.626」より(客演指揮:清原浩斗)
第31回定期演奏会

2000/12/8(Fri) 於:尼崎総合文化センターアルカイックホール

チケット チラシ
  1. 「John Rutter Anthems」(指揮:半田梓 伴奏:大平佳央理)
  2. 川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」(指揮:木村幸平 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇 「陽の道 ―明日を探しに―」
  4. 混声合唱組曲「方舟」(指揮:北田健 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

私たち人は誰しも何らかの「信念」を持っているのではないでしょうか。決して止まる事のない時の流の中で人は常に進歩の場を求め、自身の信念を色々な人々と出会いながら磨きそして昇華させていくのだと思います。

私たちにとって、その進歩の場がフリーデでした。フリーデに巡り会えたのは偶然かも知れません、しかしこの仲間達と共に様々な経験を積み重ねていく内に、今、フリーデにいる事は私たちにとって必然なのです。仲間達と楽しみ、喜びや感動を分かち合う一方、時には「信念」の違いから衝突し、悩み苦しむこともありました。けれども、私たちは今宵この演奏会をこの仲間達と共に作り上げられる事に最高の喜びを感じています。何故ならば私たちは、本日の定期演奏会を目標に互いに助け合いながら、互いの「信念」を尊重し磨き合いながらその時自分自身が正しいと信じる事をやって来られたからです。だからこそ、今年一年間の集大成である今宵の演奏会は私たちにとって幸せであり、胸を張って誇れるものなのです。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第31回定期演奏会にお越し下さいまして誠にありがとうございます。同じメンバーでは二度とないであろう、このかけがえのない仲間達との演奏会。精一杯歌い上げます。私たちの思いが少しでも皆様に伝わる事が出来れば嬉しい限りです。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導、御助力頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越し下さいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2000年12月8日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 古山 隼也

2001 Joint Concert 未来(あした)へのまなざし

2001/06/30(Sat) 於:尼崎総合文化センターアルカイックホール

チケット チラシ
  1. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「海鳥の詩」(指揮:半田梓 伴奏:石毛明生)
  2. 大阪大学混声合唱団
      Busto曲集(指揮:梅田秀一)
  3. 関西大学混声合唱団ひびき
      混声合唱曲集「光と風を連れて」(指揮:藤巻武 伴奏:大平佳央理)
  4. 合同演奏
      混声合唱曲「季節へのまなざし」(客演指揮:鈴木奈香子 客演伴奏:今岡淑子)
第32回定期演奏会

2001/12/14(Fri) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. 「ひと足はやいメリークリスマス」(指揮:嶋本藍香)
  2. 混声合唱組曲「海鳥の詩」(指揮:半田梓 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇 「歌は地球を救う ー僕たちの宝物ー」
  4. 混声合唱のための組曲「復活」(指揮:木村幸平 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

集団で何かを達成する喜びと充実感は誰もが一度は経験したことがあると思います。また、その感動とは必ずと言っていいほどに達成するまでの過程や周囲の雰囲気など様々な要素が混ざり合い生まれるものだと私は思います。

私たちフリーデは約60人から成る大きな団体です。これだけの人が集団で何か行うからこそ、よりエネルギーが必要ではないでしょうか。゛誰かがやればいい"、そういった怠慢な気持が多人数であればあるほど出てきてしまいます。けれども私たちは一人一人が互いの存在を認め、影響しあって全員で1つのモノを築いてきました。それはまるでキャンパスに描かれた絵のように多くの色が重なり、複雑なようでシンプルなのです。

今宵私たちは、それぞれが゛歌う"こと゛歌う仲間がいる"ことに改めて幸せを感じ、きっと最高の達成感とともに最高の笑顔でステージの終わりをむかえることができると思います。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第32回定期演奏会にお越しいただき誠にありがとうございます。皆様に豊かなハーモニーと共に一つの目標へ向かうことの素晴らしさ、歌う仲間がいることの喜びを伝えることができるならば幸いです。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導ご協力頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越し下さいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2001年12月14日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 廣岡 誠之

2002 Joint Concert 地球(だいち)への讃歌

2002/07/06(Sat) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チラシ
  1. 神戸大学混声合唱団エルデ
      混声合唱組曲「地平線のかなたへ」(指揮:村林暁 伴奏:前野未来)
  2. 奈良女子大学音楽部
      新実徳英作品集(指揮:葛西さやか 伴奏:森田美里)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声とピアノのための「民話」(指揮:嶋本藍香 伴奏:石毛明生)
  4. 合同演奏
      混声合唱のためのカンタータ「土の歌」(客演指揮:飯沼京子 客演ピアノ:宮崎剛)
第33回定期演奏会

2002/12/11(Wed) 於:森ノ宮ピロティホール

チケット チラシ
  1. 「ヨハン=シュトラウス名曲選」(指揮:東尾章司 伴奏:田村真佑子)
  2. 混声合唱とピアノのための「民話」(指揮:嶋本藍香 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇 「恋愛(まじ)〜神様がくれた時間〜」
  4. 混声合唱組曲「まぼろしの薔薇」(指揮:半田梓 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

私達はなぜ、何のためにサークル活動を行うのか―――――これは分野を問わず、何らかのサークルに所属し、活動を行っている人なら誰しも一度は考えたことがあると思います。こういった「サークル活動をなぜ行うのか」を考えることは「サークル活動をどう行うのか」を考えることの土台となり、前者後者ともに決して欠かすことのできないものであると私は考えます。必ずしもサークル活動を行うことの目的が全団員同じであるとは限りません。出身地や性別、生まれ育った環境が異なる、60人を越える人間が集まって1つの団体を形成している以上、考え方がたくさんあるのは当然のことです。

ただ共通していることが個人の意識のレベルの違いはあれど「自分自身の目的」を持っていることです。そして定期演奏会を成し遂げることはその目的を達成する過程にある多きな「目標」であるということが言えると思います。

私達は今宵の定期演奏会で観客の皆様に良い演奏を聴いて頂くために本日まで練習を積んでまいりました。しかし、その練習だけが私達のサークル活動の全てではありません。演奏会の練習と練習以外でのサークルの生活は全て密接に関係していると考えることができるからです。本日に至るまでにはお互いの「目的」の違いから時にはぶつかることもありました。しかし決して挫折することなく協調しながら物事に取り組んだことから生まれた友人との絆や自分自身の成長、それら全てが本日の演奏会を作っている、そう私は考えます。本日は定期演奏会にご来場頂き、誠にありがとうございました。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導、御協力頂きました諸先生方、OB、OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越し下さいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2002年12月14日 大阪市立大学合唱団フリーデ 部長 川村 貴洋

2003 Joint Concert こいうた 〜伝えたい想い〜

2003/06/29(Sun) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. 神戸大学混声合唱団アポロン
      混声合唱組曲「猫祭」(指揮:山本貴之 伴奏:田村真佑子)
  2. 大阪教育大学混声合唱団
      混声合唱組曲「家族合わせ」(指揮:中世古俊 伴奏:沼田薫)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「旅の途の風に」(指揮:東尾章司 伴奏:石毛明生)
  4. 合同演奏
      混声合唱とピアノのための「こいうた」(客演指揮:伊東恵司 客演伴奏:細見真理子)
第34回定期演奏会

2003/12/13(Sat) 於:いたみホール

チケット チラシ
  1. 混声合唱組曲「旅の途の風に」(指揮:東尾章司 伴奏:石毛明生)
  2. 企画ステージ 劇「プロジェクトX'mas 〜すべての人に聖なる夜を〜」(脚本・監督:氏原梨絵・坂村佳那江 伴奏:田村真佑子)
  3. 混声合唱組曲「伊勢志摩」(指揮:嶋本藍香 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

左上の写真をご覧になられたでしょうか――私達、大阪市立大学合唱団フリーデにはこれだけたくさんの人が集まっています。これだけたくさんの人間がいると様々な個性・様々な感性があり、それは人それぞれ違うのだということに改めて気づかされます。私達がフリーでという団体を作り、1つの音楽を造り上げるにあたって、この個人個人の意見の存在が重要であると私は考えます。

去年から、私は個人個人の意思を重要視し、何か行動する際になぜそういう行動をするのか、団体としてどのような利点があるのかという説明をほとんど行わずにやってきました。これは、団体活動をする上ではマイナスになる行為かもしれません。しかし、私は1人1人に理由を考えて欲しいと思い、1年間を送りました。その結果、団体として上手く回転しないことも多々ありました。しかし、全員が何かを考え、意思を持って行動したときのエネルギーの大きさを感じ、伝えることを目標にしてきました。徐々にではありますが、出切るようになってきた気がします。

今宵、第34回定期演奏会を行うにあたり、団員それぞれが何かしら思いを抱いてのぞんでいることでしょう。そこから生まれるエネルギーを少しでも感じていただければと思います。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形でご指導、ご協力頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越し下さいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層のご激励、ご支援を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

部長 原田真征

2004 Joint Concert こころの彩

2004/07/02(Fri) 於:いたみホール

チケット チラシ
  1. 関西学院大学混声合唱団エゴラド
      混声合唱「風紋」(指揮:山本 学)
  2. 甲南大学グリークラブ
      無伴奏男声合唱組曲「いつからか野に立つて」より(指揮:池田 敦)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「未来への決意」(指揮:東尾章司 伴奏:石毛明生)
  4. 合同演奏
      混声合唱とピアノのための「二月から十一月への愛のうた」(客演指揮:西岡茂樹 客演伴奏:寺嶋陸也)
第35回記念定期演奏会

2004/12/23(Thu) 於:いたみホール

チケット チラシ
  1. 「SPIRITUALS 〜FEEL THE SPIRIT〜」(指揮:小山哲平 伴奏:中山みさと)
  2. 混声合唱組曲「未来への決意」(指揮:東尾章司 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇「仁義なき戦い〜これが僕らの生きる道〜」(脚本・監督:秋田久子・立岩正子 伴奏:石毛明生)
  4. 混声合唱組曲「永久二」(指揮:東尾章司 伴奏:石毛明生・中山みさと)

部長挨拶(パンフより)

合唱をする楽しさは一体どこにあるのでしょうか――おそらく一番多い答えは、人と合わせる喜びを感じるからだと思います。それは単に自分の意見を我慢して人に合わせるのではなく、それぞれが自分の意見を主張し、ぶつかり合い、新しい一つのモノができる喜び、これを追い求めているのです。口で言うのは簡単ですが非常に難しいことです。

フリーデには現在約70人の団員が所属しています。これだけの人数の人間が一つになるためにはものすごくエネルギーが必要です。男女間、パート間、回生間、また同一パート内ですら多数の意見が存在するのです。

人生においても同じことが言えるのではないでしょうか。様々な人と出会い意見をぶつけ合いながら成長していく、フリーデでの出会いや、今日のみなさんとの出会いも貴重なものだと思います。

二つの意見のぶつかり合い、それは二者択一ではなく三つ目の選択肢を選ぶことです。今宵70人の団員の意見のぶつかり合いの結果生まれた71個目の結論のパワーや想いを感じとっていただければ幸いです。

本日はお忙しい中お越しくださり誠にありがとうございます。最後までごゆっくりお楽しみください。

最後になりましたが、本日の演奏を開催するにあたり、様々な形で御指導、御協力頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越しくださいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

部長 山口寛晃

2005 Joint Concert 奏

2005/07/03(Sun) 於:大阪厚生年金会館 芸術ホール

チケット チラシ
  1. 大阪教育大学混声合唱団
      混声合唱組曲「心の四季」より(指揮:前田裕子 伴奏:池ノ上祐子)
  2. 大阪大学男声合唱団
      男声合唱組曲「おかあさんのばか」より(指揮:西村大 伴奏:平林知子)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱曲集「そのひとがうたうとき」(指揮:小山哲平 伴奏:石毛明生)
  4. 合同演奏
      混声合唱のための組曲「蔵王」(客演指揮:浅井敬壹 客演伴奏:藤澤篤子)
第36回定期演奏会

2005/12/18(Sun) 於:池田市民文化会館 アゼリアホール

チケット チラシ
  1. 「Aesopia 〜Jan Novák によるイソップ物語の世界〜」(指揮:中島祐輔 伴奏:中山みさと)
  2. 混声合唱曲集「そのひとがうたうとき」(指揮:小山哲平 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇「能力人(サイコメトラー) 〜弱虫がうたうとき〜」(監督・演出:杉本緑・山中裕子 伴奏:中山みさと)
  4. 混声合唱とピアノのための「初心のうた」(指揮:小山哲平 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデの第36回定期演奏会にお越しいただいてまことにありがとうございます。今年も無事に皆様とともに演奏会を行えることをうれしく思います。

さて、皆様は「伝統」という言葉に対してどのような思いを抱かれるでしょうか?伝統というものは難しいもので、続けていかなければいけないものもあれば、いつまでもとらわれていては何も新しいものを生み出せずに、成長を止めてしまうことにもなりかねません。

この「伝統」という言葉は、今年のフリーデを顧みたとき1つのキーワードになるのではないかと私は思います。今年で創立39年目となった我が合唱団にも、さまざまな伝統が生まれてきました。そのなかで最も大切にしなければならない伝統は、歌に対する情熱、パワーであると思います。しかし、今年の6月だったでしょうか、演奏会を目前に控えた私たちにある先生がこうおっしゃいました「今年のフリーデは元気がない。」と…。部長という立場もあってそのことについて悔しい気持ちでいっぱいでした。しかし、その言葉によって私たちはいい意味で元に戻ることができた気がします。

フリーデのもつパワー、それはフリーデがフリーデとしてあるために必要不可欠なものであり、技術には代えられない心の奥底にまで届いてくれるオモイであると信じております。今宵はただじゃ帰しませんよ!より一層強まった私たちのパワーで、必ずや皆様を素敵な気持ちにして差し上げます!

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、これまで御指導してくださった先生方や、OB・OGをはじめとする多くの関係者の方々、また本日お忙しいなかお越しいただいた皆様方に厚く御礼申し上げますとともに、今後ともより一層の御指導、御激励賜りますようお願いいたします。

部長 山下恭平

2006 Joint Concert Twinkling tales

2006/07/08(Sat) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

チラシ
  1. 神戸女学院大学コーラス部
      「世界の民謡集」(指揮:澤野絵理 伴奏:岡本茉莉)
  2. 甲南大学グリークラブ
      男声合唱組曲「今でも…ローセキは魔法の杖」より(指揮:肥塚拓也)
  3. 奈良女子大学
      村山槐多の詩による無伴奏女声合唱のための「青色廃園」(指揮:福本千栄美)
  4. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      寺山修司の詩による6つのうた「思い出すために」(指揮:中島祐輔 伴奏:石毛明生)
  5. 合同演奏
      混声合唱のためのマザーグース・メロディー「こまどりをころしたの だれ?」(客演指揮:飯沼京子 客演伴奏:高野麻里子)
第37回定期演奏会

2006/12/9(Sat) 於:吹田市文化会館 メイシアター大ホール

チケット チラシ
  1. 「Have A Nice DISNEY Day 〜『Disney Spectacular』より〜」(指揮:安東碧 伴奏:中山みさと)
  2. 寺山修司の詩による6つのうた「思い出すために」(指揮:中島祐輔 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇「PULIN 〜わたしたちをつなぐ味〜」(監督・演出:行田健太郎・武本京子 伴奏:中山みさと)
  4. 混声合唱組曲「How old am I ?」(指揮:小山哲平 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

私たちは皆『仲間』というものをもっています。それは喜び、悲しみあらゆるものを分かち合える集団であると私は考えます。しかし、その『仲間』はたくさんの人の中のたった一人がそれを乱すような行為をすることによって崩れ去ってしまうものでもあります。

フリーデは約60人からなる大きなサークルです。このたくさんの仲間と笑い楽しみ、また大きな集団であるがゆえに意見の対立などで悩み苦しんだこともありました。しかし今この仲間たちと出会え今日のステージを迎えることにあらためて幸せを感じています。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第37回定期演奏会にお越しいただき誠にありがとうございます。この仲間たちと作り上げた歌により、歌うことのすばらしさ、仲間がいる喜びを感じ取っていただければ幸いです。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導、御協力頂きました先生方、OB、OGをはじめ関係者方々、そして本日お越しくださいました皆様に対して厚く御礼申し上げますと共に、今後もより一層の御激励、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

部長 青真平

2007 Joint Concert ―望郷―

2007/07/08(Sun) 於:吹田市文化会館メイシアター大ホール

  1. 大阪大谷大学合唱団
      混声合唱組曲「夕方のおかあさん」より(指揮:矢原万莉 伴奏:亀井翔世)
  2. 関西大学混声合唱団ひびき
      混声合唱組曲「海のディヴェルティメント」(指揮:小林浩彰 伴奏:坂田佳央理)
  3. 近畿大学文化会グリークラブ
      男性合唱曲「島よ」(指揮:小谷孟 伴奏:鹿島有紀子)
  4. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱組曲「遙かな時の彼方へと」(指揮:安東碧 伴奏:石毛明生)
  5. 合同演奏
      無伴奏混声合唱のための 7つの子ども歌(客演指揮:高嶋昌二)
第38回定期演奏会

2007/12/14(Fri) 於:伊丹市立文化会館 いたみホール大ホール

チラシ パンフ
  1. 混声合唱組曲「遙かな時の彼方へと」(指揮:安東碧 伴奏:石毛明生)
  2. 「Missa brevis in d」より(指揮:越智庸祐)
  3. 企画ステージ 劇「HERO 〜私の愛した男の物語〜」(監督・演出:坂井直樹・住谷真宏 伴奏:杉本緑)
  4. 混声合唱曲「永訣の朝」(指揮:中島祐輔 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

皆様は、「合唱団サークルと他の運動系サークルとの、決定的な違い」について、どのように考えるでしょうか。

私の考える一つの答えとして、ここに挙げさせていただきますと、合唱では皆が平等に同じステージの上に立つことができること、そしてその誰もが決して欠けてはならない存在であるということです。スポーツの世界は、能力の無いものはいわゆる「捨て駒」として扱われ、試合にも出ることができません。しかし、合唱には「捨て駒」などは存在しません。

合唱団フリーデには、約60人の団員がいますが、この演奏会において60人全員が欠けてはならない存在であり、たった一人でも抜けてしまうと、最高の演奏会にはなりえないと私は感じます。60人の中の一人一人の個性が集約されたこの演奏会は、二度と聞くことのできない、最高のものになるでしょう。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第38回定期演奏会にお越しいただき、誠にありがとうございます。60人全員が一丸となって作り上げたこのステージをどうぞご堪能下さい。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形でご指導、御協力頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越し下さいました皆様に対しまして厚く御礼申しあげますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

部長 山口洋平

2008 Joint Concert 〜新しい風〜

2008/07/05(Sat) 於:尼崎市総合文化センター アルカイックホール

チラシ パンフ
  1. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱とピアノのための「民話」(指揮:越智庸祐 伴奏:石毛明生)
  2. 京都大学音楽研究会ハイマート合唱団
      混声合唱とピアノのための「良寛相聞」(指揮:田中悠貴 伴奏:横山智昭)
  3. 松下中央合唱団
      「日本民謡の世界」知覧節、三原ヤッサ節、日向木挽唄、最上川舟唄(指揮:本城正博)
  4. 合同ステージ
      「宗教曲の玉手箱」Ave,Maris stella、Cantate Domino、Gloria、MesseよりCredo(指揮:本城正博)
第39回定期演奏会

2008/12/13(Sat) 於:伊丹アイフォニックホール

チラシ パンフ
  1. Javier Busto アラカルト(指揮:山本美貴)
  2. 混声合唱とピアノのための「民話」(指揮:越智庸祐 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇「盗み盗まれ歌物語 〜カズヤと僕と、時々、刑事〜」(監督・演出:向畑佳菜・山本美菜 伴奏:春木真以子)
  4. 混声合唱曲集「旅のかなたに」(指揮:安東碧 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

私達は、生きていく中で自分だけの「道」を進み、多くの「出逢い」を経験します。私は、フリーデを通して様々な出逢いを経験してきました。それらの出逢いはどれもフリーデとの出逢い、フリーデの仲間達との出逢い、歌との出逢い、歌を愛する人達との出逢い、それらの出逢いすべてがかけがえのないものであり、それは今の自分自身を形成している決して切り離せないものです。

フリーデは、50人以上の大きな団体です。それだけ多くの出逢いの中には、意見のぶつかりから生まれる葛藤も決して少なくありませんでした。しかし、葛藤したからこそ見つけられた新しい道は、何ものにも遮られることのない長い道だと思います。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第39回定期演奏会にお越しいただき誠にありがとうございます。このかけがえのない仲間達と作り上げたこの演奏会を通して、歌に込めた想いを少しでも皆様に伝える事ができれば幸いです。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導、御助力頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越し下さいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

部長 坂井直樹

2009 Joint Concert 〜Joyful Join〜

2009/07/20(Mon) 於:池田市民文化会館 アゼリアホール

チラシ パンフ
  1. 神戸大学混声合唱団エルデ
      混声合唱曲集「光と風をつれて」(指揮:釜田啓樹 伴奏:杉原彰恵)
  2. 大阪市立大学グリークラブ
      男声合唱による「Sea Shanty」(指揮:山村卓史)
  3. 大阪市立大学合唱団フリーデ
      混声合唱曲集「うたよ!」(指揮:山本美貴 伴奏:石毛明生)
  4. 合同ステージ
      「ミュージカルの花束をあなたに♪」(客演指揮:清原浩斗 ピアノ:加藤みのり エレクトーン:亀井杏菜 打楽器奏者:石山歩)
第40回記念定期演奏会

2009/12/12(Sat) 於:茨木市市民会館 (ユーアイホール)

チラシ パンフ
  1. 混声合唱 フォスター名曲集「夢みる人」より(指揮:世戸康介)
  2. OB・OG合同ステージ 混声合唱曲集「うたよ!」(指揮:山本美貴 伴奏:石毛明生)
  3. 企画ステージ 劇「屋敷人 〜大切なものはすぐそばに〜」(監督・演出:長谷川創・池原佑佳 伴奏:奥田彩奈)
  4. 混声合唱とピアノのための「この星の上で」(指揮:越智庸祐 伴奏:石毛明生)

部長挨拶(パンフより)

僕たちは、様々な「偶然」から今ここにいるのだと思います。偶然、このサークルに入り、偶然、先輩や同回生、そして後輩に、またOB・OGさんと出会い、そして、様々な音楽と出会い、様々な感動と出会う。この偶然の連なりが一つ一つ積み重なって、この第40回記念定演が迎えられているのだと感じます。

一つ一つの演奏会は、決して二度と同じメンバーでは出来ない、貴重なものであったと思います。でも、それを愛おしく、幸せに感じる気持ちは、今も昔も変わらない。これもフリーデの「伝統」の一つとして、受け継がれていくことでしょう。

今年度は、部長という立場もあり、仲間の大切さを改めて実感した一年でした。支えてくれた同回生、先輩、そして後輩と、この仲間がいるから、僕は一年間やってこられました。これはもしかしたら、僕だけじゃない、皆誰しもが心のどこかで感じていることではないかと思います。

本日はお忙しい中、大阪市立大学合唱団フリーデ第40回記念定期演奏会にお越しいただき、誠にありがとうございます。同じメンバーでは、二度とないであろう、このかけがえのない仲間たちとの演奏会。精一杯歌い上げます!変わってしまうから、なくなってしまうからこそ、より一層輝くものもある…。今宵の演奏会も僕らが輝いた証として、皆様の心に届くことが出来ればと思います。

最後になりましたが、本日の演奏会を開催するにあたり、様々な形で御指導、御激励頂きました諸先生方、OB・OGをはじめ関係者の方々、そして本日お越し下さいました皆様に対しまして厚く御礼申し上げますと共に、今後ともより一層の御激励、御支援を賜りますようよろしくお願いします。

部長 米倉数昌

inserted by FC2 system